通常、患者さまの診療情報を取得する臨床研究を実施する際には、患者さまに文書もしくは口頭で研究内容を説明し、同意を得た上で実施します。臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や診療内容への介入もなく診療情報等のみを用いた研究や、余った検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき、「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」と言います。ご自分の記録について当該研究で使うことを望まれない方については、その方の記録や情報を用いずに研究を実施いたしますので、研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。
当院のオプトアウトを用いた臨床研究は下記のとおりです。

【オプトアウトを用いた研究一覧】

研究課題名 部門
日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究 整形外科
JSIS-DB(脊椎インストゥルメンテーション手術登録システム) 整形外科
NCD(一般社団法人National Clinical Database) 消化器外科
PAGE TOP