循環器内科

循環器内科について

心臓だけでなく、足の血管や脳・頚部の血管にいたる全身のチェック、生活習慣病なども

外来診療担当医

午前-亀田--高橋-
午後------

循環器疾患に対しては、心エコー検査による心臓の形態と機能の詳細な診断、エルゴメータ運動負荷試験による虚血性心疾患と不整脈の診断、ホルター心電図による不整脈(心室頻拍、QT延長症候群、ブルガダ症候群等)、特に徐脈性不整脈の診断などを行っています。治療については高血圧緊急症、弁膜症や心筋症、各種心基礎疾患による心不全の薬物療法、(解離性)大動脈瘤の診断と治療(必要な場合阪大心血管外科への紹介)、深部静脈血栓症の診断と治療、不整脈に対する治療、特に致命的となる徐脈性不整脈に対して永久ペースメーカー植え込み術等を行っています。虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞等)に対しては心臓カテーテル検査(冠動脈造影)を行い、必要な症例に対しては経皮的冠動脈形成術(PCI)を行い早期の治療を行っています。

PAGE TOP