内科

内科について

内科全般の診療とともに消化器、循環器、呼吸器、内分泌・糖尿病などの専門外来の充実

現在、常勤スタッフとしては主に消化器を専門とする医師で内科全般の診断と治療を行っています。今後、糖尿病・内分泌、呼吸器、免疫、アレルギー等の専門医の先生が加わる予定です。

地域性から、当院は高齢者の内科的疾患が多い傾向にあります。その点をふまえて一般内科の他に、消化器系では消化器内視鏡(上部、下部)検査による診断、胆管膵管造影(ERCP)、腹部エコー検査、造影エコー検査、CT、MRIによる画像診断、治療では内視鏡的止血術、ENBD、乳頭切開術、胃・大腸ポリープの内視鏡的切除などを含みほとんどの消化器疾患の治療に対応しています。

肝疾患では肝癌に対する肝動脈塞栓術、RFA、PEIT、肝硬変の栄養療法、B型、C型慢性肝炎の経口薬治療を積極的に行い、地域の皆様のお役に立てるよう努めております。

循環器疾患に対しては、心エコー検査による心臓の形態と機能の詳細な診断、エルゴメータ運動負荷試験による虚血性心疾患と不整脈の診断、ホルター心電図による不整脈(心室頻拍、QT延長症候群、ブルガダ症候群等)、特に徐脈性不整脈の診断などを行っています。治療については高血圧緊急症、弁膜症や心筋症、各種心基礎疾患による心不全の薬物療法、(解離性)大動脈瘤の診断と治療(必要な場合阪大心血管外科への紹介)、深部静脈血栓症の診断と治療、不整脈に対する治療、特に致命的となる徐脈性不整脈に対して永久ペースメーカー植え込み術等を行っています。虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞等)に対しては心臓カテーテル検査(冠動脈造影)を行い、必要な症例に対しては経皮的冠動脈形成術(PCI)を行い早期の治療を行っています。

呼吸器系では肺感染症、悪性疾患の早期診断と治療を行っています。

内科の土曜日の診療は、第1・第3・第5土曜日は休診となります。

日本消化器内視鏡学会 指導施設,日本消化器病学会 関連施設,日本肝臓学会 認定施設,日本がん治療認定医機構 認定研修施設,日本消化管学会 胃腸科指導施設

PAGE TOP