脳神経外科

脳神経外科について

早期発見、早期治療をモットーに心のこもった医療を提供し、地域の皆様のお役にたてること

外来診療担当医

午前1診寺田伊藤越前藤田梅原山崎

脳神経外科では脳血管障害(脳梗塞、脳出血)の急性期の診断治療(tPAや手術治療を含む)、脳動脈瘤の診断や治療(手術含む)、脳腫瘍の診断治療(手術も含む)、頭部外傷急性期(手術も含む)、脊髄疾患など脳神経疾患急性期の診断治療全般を取り扱っております。
頭痛、しびれ、めまい、ふらつき、手足が動きにくい、しゃべりにくい、視野異常、もの忘れなどの症状は脳卒中の前兆かもしれません。当科に受診してください。
急性期・早期に治療を開始することでその後の予後は大きく変わります。
当院では、最新型核磁気共鳴断層映像装置(MRI)MAGNETOME Avanto1.5Tや最新のCT検査装置、脳血管撮影装置を用いて脳脊髄の詳しい検査を迅速に行っております。さらに必要な処置、手術を行い、その後にはリハビリテーション科の協力のもと、超早期からのリハビリテーションへスムーズに移行できるような体制を構築しております。

脳ドックは、無症状の方を対象にMRI・MRAによる画像診断を主検査とする一連の検査を行います。これらの検査により無症候、未発症の「脳および脳血管疾患」あるいはその「危険因子」を発見し、それらの発症や進行を防止することを目的としています。 脳疾患や脊髄疾患の気になる方、脳卒中の家族歴のある方、高血圧・肥満・喫煙などの危険因子を有すると思われる方には、特にお勧めいたします。 当院ではいくつかのコースで検査を行っています。

MRI検査で脳内の異常(腫瘍、出血、梗塞など)、MRA検査で血管の異常、閉塞狭窄、動脈瘤などの検索
頸部超音波検査で頸部動脈硬化の程度
血液検査で糖尿病、 高脂血症、痛風など動脈硬化につながる全身の病気
脳内の海馬及び海馬傍回の萎縮度を、VSRADでの解析、評価。早期アルツハイマー病の診断
認知機能検査
また、喫煙は単に肺がんになるだけではありません。心臓疾患、脳卒中などの循環器系疾患発生を激増させます。また喫煙者のみならず周囲の人にも健康被害を与えます。禁煙外来をぜひご利用ください。その他、当脳神経外科では、顔面けいれん、眼瞼けいれんに対する、ボツリヌス注射療法も行っております。脳のことで、何か気になることがありましたら、いつでもお気軽に、声をかけてください。お待ちしています。

PAGE TOP