外科

外科について

消化器の疾患や、一般外科領域の疾患および乳腺疾患・甲状腺疾患などを扱っています。

外来診療担当医

午前1診--中井黒住--

外科では、消化器(胃・大腸・胆嚢など)の疾患や、一般外科領域の疾患(鼠経ヘルニアなど)および乳腺疾患・甲状腺疾患などを扱っています。消化器・一般外科の領域では当院の消化器外科と協調して診療に当たっています。乳腺疾患は大阪大学付属病院や大阪医科大学附属病院などとともに大阪地域の乳腺ネットワーク(Osaka Area Breast Network,OABN)に所属し、密接に関連して診療を行っています。特に現在は乳癌の診断に力を注いでおり 、乳腺の診断目的で外来を受診されマンモグラフィ検査を行った患者さんは直近の3年間でそれぞれ、117名、131名、127名で、同様に乳癌検診を受診されマンモグラフィ検査を受診された方は225名、186名、150名でした。乳腺超音波検査も各年度に118名、130名、114名の方に行いました。
各年度で新たに乳癌の診断を得た方は、それぞれ、8名、8名、3名で、それぞれネットワークを通じて、大阪大学附属病院や大阪医科大学附属病院、国際がんセンター、大阪警察病院などへ受診して治療を受けて頂きました。
また、近隣の方など、希望があれば術後安定したのちに当科で投薬や経過観察を行っています。病院の規模は大学病院などと比べ小さいですが、それだけ敷居は低いですから、何か気になることなどがあれば気軽に受診・相談して頂けたらと思います。治療が必要な方には適切に診断し、高度施設等にも紹介致します。

PAGE TOP