外科

スタッフ紹介

外科スタッフを紹介いたします。

氏名 黒住 和史
役職
出身大学 大阪大学
卒年 昭和62年卒
専門領域 消化器外科、一般外科、乳腺外科、甲状腺外科、学会活動 日本外科学会指導医・専門医・認定医、日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医、日本乳癌学会認定医、日本肝胆膵外科学会評議員、日本癌治療認定医機構暫定教育医、消化器がん外科治療認定医、日本癌治療学会、日本消化器病学会、日本胃癌学会、日本内視鏡外科学会、日本臨床外科学会、日本肝癌研究会など
一言PR おなかの病気や、乳腺・甲状腺の病気を専門にしていますが、何でも気軽にご相談ください。

氏名 中井 澄雄
役職
出身大学 大阪大学医学部
卒年 昭和56年卒
専門領域 消化器外科、一般外科、緩和医療
学会活動 日本外科学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本胃癌学会、日本食道学会、日本大腸肛門病学会、日本癌治療学会、日本内視鏡外科学会、日本静脈経腸栄養学会、外科代謝学会、日本臨床外科学会、日本緩和医療学会、日本小児外科学会、日本小児がん学会、
一言PR <緩和ケア(医療)について>
緩和ケアとは、がんなどの治療が難しい病気と診断された方の、痛み・吐き気・息苦しさなどの身体的な症状を和らげたり、不安や抑うつなどの精神的な症状を和らげたりする治療や援助のことで、ご家族にも安心していただけるよう支援を行っていくことをいいます。緩和ケアは、がんが進行した段階だけではなく、初めてがんと診断された早い時期からがんに対する治療と並行して行われるべき者ですが、実際には、がん治療と並行して緩和ケアが行われていないのが実情です。実際、緩和医療を行いましょうと主治医から告げられた場合、失望感とともにホスピスや緩和ケア病棟を意識されるかと思いますが、痛みを緩和する、苦痛を和らげるケアは、一般病院でも、在宅でもその認識に立てば実践できるケアです。当院で緩和ケアチームはございませんが、痛みやがんの進行に伴う諸症状などの緩和として入院加療を受け入れております。入院期間や治療目標は、個々により異なるかと思いますが、可能であれば退院、社会復帰をと考えております。
当院への入院を望まれる方であれば、特に入院が制約されることはありません。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP